Read Article

試食販売のバイト 一日の流れと業務内容

試食販売のバイト 一日の流れと業務内容

試食販売のバイトに興味はあるしやってみたいけど、一日どう過ごしていくのか不安ですよね

今回はそんな試食マネキンの一日の流れと業務内容を時系列でお伝えします。

意外とやることがたくさんあるのですよ…

初めて試食販売のお仕事に入る前に、この流れを覚えておけば当日も安心。

では試食販売一日の様子を朝から順に見ていきましょう!

今回は実施時間10時~18時のケースで一日の流れをお伝えします。

店舗到着~入店後(9:30)

試食販売を実施する店舗には、実施の30分前に到着しておきます。

車で乗り入れる場合は、お客様駐車場を使ってもOK。指示のある場合はそちらに停めましょう。

会社に到着報告の連絡

店舗スタッフと同じように、従業員入口から入店します。

お店の裏に位置しますが、だいたい搬入口を探せば人が入れる扉があるはずです

わからない時は、表からお店の人に声をかけて教えてもらいましょう。

従業員入口に到着したら、派遣会社に到着の旨を連絡します(主にメールまたは電話)

入店手続き

従業員入口には警備員さんか事務のかたがいらっしゃいます。

初めてでわからない時は「本日〇〇の試食で来ました」と挨拶すると

入店時間を書く表や、入店許可証を促してもらえます。

その際に、店舗担当者さんを呼んでもらいます。

事前に担当者さんの名前がわかっている場合と、部門しかわからない場合がありますが

商品名を言えばどこの部門に回せばよいか店舗側も把握していますので大丈夫。

担当さんに確認

店舗担当者さんにお会いしたら再度挨拶して、以下の内容を確認します。

  • 実施場所(在庫数を見ておく、価格を確認)
  • お借りするもの(試食台、電源など)
  • 買い取りのタイミング
  • 何時までいらっしゃるか(終了後サインをもらうため)

担当さんは答えるとすぐに自分の業務に戻られるので

お時間をあまり取らせないよう効率的に質問することを心がけましょう。

試食台準備

実施の段取りが終わったら、自分の準備にかかります。

エプロンとバンダナはお客様の前でつけないよう、バックヤードで着替えます。

(白シャツ&黒パンツで出勤するのでエプロンをつけるだけです)

試食台にテーブルクロスをかけて、試食皿と調理の用意をします。

何の試食かわかるように、POPや商品の空き箱を並べて試食台をディスプレイ。

店舗で実施場所に着いたら、いよいよ試食販売開始です。

試食販売開始(10:00)

まず第一声に「本日〇〇の試食会を行っております!是非お立ち寄りくださいませ」

と大きな声でアピールします。

用意している先から「今日は何の試食?」と声をかけられることもありますが(笑)

準備ができるまでお待ちいただきましょう。

立ち止まってもらえるお客様がいれば、試食サンプルを手渡します。

試食していただきつつ、商品棚を促し(実施場所と商品が若干離れている場合もあります)

新商品なら旧商品との違いや、他社との比較(悪口はNG)

本日はお買い得(イオンの5%OFFなど)であればお伝えします。

お客様が気に入れば買うかなー、ぐらいの気軽な気持ちで

次々とお声がけして試食を手に取ってもらいましょう。

エプロンにメモ帳を入れておき、単価と販売数を正の字でつけていきます。

休憩時間(13:00)

お昼時は買い物に来られるお客様も多いので、そのピークが終わってから休憩に入ります。

店舗担当さんが捕まらなければ、近くのスタッフさんに「休憩1時間いただきます」と声をかけましょう

黙って休憩に行くと、その間に実施しているメーカーさんが来られた時に心配されるので…

試食台はバックヤードに下げ、カートや通路の邪魔にならない場所に置いて上から布をかけておきます

午前中に余った試食サンプルは持ち越すと食中毒の恐れがありますので、一旦廃棄します。

休憩は従業員休憩所(バックヤードの2階等にあります)で取りづらければ

エプロンと入店証を外して、フードコートへ行ったり自分の車内で休憩か外へ出ています。

※あまり出歩きすぎないように。

試食販売再開(14:00)

午前中の試食数を見ながら、午後の試食がどのくらい出るのか予想しつつ

買い取りサンプルを使っていきます。余っても勿体ないですからね。

若干中だるみが出てきそうなのが15時頃。ここを乗り切れば早いです。

辛くなりそうなら、休憩を2回に分ける場合もありますが

そのたび担当さんに言わないといけないので(笑)面倒なら遅めに休憩を。

また16時頃から買い物のピーク時間に入りますので、どんどん試食サンプルを渡していきましょう。

終わり頃手の空いた時間に、備品の片付けや報告書のまとめ

買い取りが後精算なら空き箱をまとめたりをさりげなく行っておきます。

早く帰りたいでしょ(笑)

終了、後片付け、退店(18:00)

18時で試食実施が終わったら、バックヤードに試食台を下げて

買い取りがあればレジに向かいます。

18時のレジってまた混んでいるのだ…衣料やサービスカウンターで精算しているマネキンさんもいますが(笑)

そこはお客様優先で。

精算の時に報告書も持っておき、サッカー台のセロテープを使わせてもらって報告書に貼っています。

担当さんを探して「〇〇の試食終わりました」と声をかけ、サインをもらいます。

その際、ゴミや洗い場の位置がわからなければ確認しましょう。

備品とゴミを片付けて、退店時間を書いて入店証を返却し退店したら

派遣会社に終了報告の連絡を入れます。

実施時間と休憩時間、食事支給はなしで。その際困ったことや次回に引き継ぐことがあれば報告します。

報告書をまとめて会社に提出は後日になるので、また後ほどゆっくりとやることにして

 

お疲れさまでした!!

 

意外とたくさんやることの多い試食販売ですが、慣れれば聞くことも減ってきます。

片付けも最初は30分かかったりしますが、超ベテランのマネキンさんは10分あれば出てますし(笑)

空いた時間も有効活用して、試食販売に臨んでみてくださいね!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top